お客様のご要望   

 ◆設備休止時間が全く取れず困っている。

 ◆製品の修理も終了しているため心配。
特 徴  
 ◆取付けシャシーを準備し穴あけ作業を削除
 ◆極力配線を離線しない方法(コネクタ端子台製作)を採用し、配線作業/確認の工数削減。
安 心    
 ◆ハイリスクであるPLC更新は、数多くの実績を積んだ当社にお任せください。
 ◆更新したいが生産が多忙でお困りのお客様はご相談下さい。
     


お客様のご要望   

 ◆T社インバータを使用しているが、経年劣化で最近トラブルが多い。

 ◆なるべく最短時間にて更新したい。
 ◆盤内配線が複雑でメンテナンスが困難( 盤天井に冷却ファン設置 ) 。
特 徴  
 ◆制御盤サイズを同一化することで更新期間の短縮。
 ◆実績のあるクレーン用インバータなので更新作業も安心。
 ◆保守性を考えた制御盤構造( 取り外し容易な冷却ファンを盤全面に設置 )。



   
 Φ2〜16mmの線材(コイル材)を
 三次元形状に加工するマシン (カット材専用機有り)
 
 ◆線材送り速度 : MAX100m/min
 ◆曲げ速度 : MAX900度/sec
 ◆プログラムSTEP数 : 1品種当たりMAX1000STEP(20000ワード)
 ◆プログラム記憶容量 : MAX32767品種(USB転送)
 
 ◆材料送り軸シリアル17bitフルクローズド制御により高精度を実現
 ◆全軸が同時に同期して移動可能で、タクトタイムを短縮
 ◆コイル材のターンテーブルが送り速度に同期したインバータ制御
 ◆送り軸制御を位置制御→トルク制御へ切替、 曲げ角精度の向上
 
 ◆矯正ドライブ(矯正器本体を線材送りに同期して移動させる機構)
 ◆サーボ矯正器(矯正ローラー縦横全14個をフルサーボ化)
 ◆ワーク取出ロボット(安川電機製 “MOTOMAN” 採用)
 ◆プレスヘッダー(線材端末をプレス成型する装置)
 ◆面取機(線材端末を丸面取する装置)